仕事と心のDiary

デトックスのための文章

スリッパは何で選ぶか、と聞かれたら。

スリッパを何で選ぶか、と(滅多に聞かれることもないけど)聞かれたとしたら、前は「冷え性だから、敢えていうなら保温性かな」程度だったけど、今はこう言える。 スリッパは、音。 スリッパなんてどれも同じだと思っていたけど、ある時思い立って、少しい…

だって、幸せじゃないから。

幸せじゃない、と思う。こんなことを考えるのは、自分にとって大切にしたいはずだったことが、また記憶の外に行ってしまったからだ。またそれに没頭することができなかった。他のことに、気持ちを使ってしまった。 きっと、一つのことしかできない。何でもで…

三時に目が覚めることについての、小さな考察。

夜中の三時過ぎに目が覚めた時、ぼー、とした頭でその答えを探してしまう。年を重ねたからなのか、眠る前に携帯を見ていたからなのか。体の水分が想定以上に失われたからなのか、「考えることがあるんだから起きて」と頭が私を起こしたからなのか。見ていた…

だめな私の、だめな一週間。

大好きなコーヒーを控えている。少しカフェインが気になる。というのも、ここ数日なんだか体が重く、昨日はお昼休憩の時も横にならないといられなかった。そういう時は、何もやる気がしない割に「体にいいものを飲まなければ」という本能だけは残っている。…

自然派に魅了され続けた結果、『THREE』にまで手を出してしまった。

最近外に出る機会が減ったので、お金を使う機会も減り、その分をスキンケアに回す方向に行きはじめています。メイクをする機会も減ったはずなのに、毎日メイクしていた頃よりも調子が良くないと感じることが増え…。今の化粧品って多分ファンデーションであっ…

「もうこれ、最悪無くなってもいいや」と一度決めると強くなれる説。

「完璧にやりたい、と思うからなんだけど、人はそこまで気にしてなかったりする」 友人が私に言った。もはや私のカウンセラーだ。悩んでいる時、友人に相談すると心が軽くなる。自分では気づけないことが出てきて、絶対だと思い込んでいることが実はそこまで…

『ボヘミアン・ラプソディ』映画館で3回観た記憶がQueenの曲とともに蘇る。

昨日は金曜ロードショーで『ボヘミアン・ラプソディ』が放送されていて、先週に引き続き楽しみました。この映画を観てラミ・マレックとルーシー・ボイントンカップルが好きになり、しばらく海外のゴシップサイトで二人のファッションチェックをしていたこと…

ただの日記 2。

人の性格というか、元々の気質って、変えようと思っても実際は苦しいだけ。性格診断などで内向型寄りという結果が出たことのある私ですが、昔は外向型の人に憧れて無理していたこともありました。頑張れば解決できると思っていたんですね。 外向型の人が周り…

ただの日記。

在宅ワークが続くと、時々無性に太陽の光を浴びたくなります。「これ以上浴びなかったらまずいぞ」っていう、本能的なものなのでしょうか。確かに太陽の光を浴びるとホッとするし、気持ちの健康にも影響している実感があります。 HSPということもあって、心…

『スタンド・バイ・ミー』に滲み出る、子役達の実生活と苦悩。

昨日、金曜ロードショーで『スタンド・バイ・ミー』がやっていた。観よう観よう、と思いながら観られていない旧作の映画というのが今までに結構あり、この映画もそのうちの一つだった。多分、昨日テレビでやっていなかったらこれから先も観るタイミングを失…

仕事を隅っこに追いやりたいなぁと思う話。

このブログを始める時、ブログのタイトルを決めるのにあまり悩まなかった記憶がある。『仕事と心のDiary』になったのは単純に、私の中で仕事の存在が一番大きかったからだった。私がもし親だとしたら、仕事は一番手のかかる末っ子みたいな存在だった気がする…

鳥肌は嘘をつかない。

誰かに合わせたり、何かに焦ったり、そうした時間の淀みをきれいに流してくれるような音色。頑張って生きて、そして少し疲れている誰かにも、届きますように。 www.youtube.com そして、最近好きなウクライナのピアニスト・Evgeny Khmara(エフゲニー・クマ…

夢を楽しむ。

変な夢を見た。 朝、オフィスに向かおうとしている。けれど行き方を忘れてしまい、ショッピングセンターのような場所をぐるぐる回っては、同じ場所に出てしまう。その途中で駅弁の売り場があり、知り合いがいた。選んでいる時間などないはずなのに、知り合い…

考えすぎリモートワーク。

在宅で仕事していると、仕事・プライベートでそれぞれPCと携帯が1つずつ。他にTVのモニターやコードも色々繋いだりして、気づくと元々広くない部屋が配線とモニターだらけになっていたりする。 なんだか本当に、人に会う機会が減ったと思う。別にそれが苦と…

幸せになるのが、怖いんじゃないの。

休み明けの仕事は緊張します。なんだか色んなことに対して心がむき出しになっている気がして、気を抜くと不意にかけられた言葉に傷ついたような気持ちになったり。周りは優しいはずなのに、発言することにも、行動することにも、怖さを感じることがあります…

「15の石」から私が教わった、年齢を重ねることの魅力。

十五という数字は、日本では「完成」を意味するものとされる。そういえば十五夜は満月で、七五三もある。農耕民族の頃から取り入れられていた二十四節気(15日ごとに季節が変わるとする暦)は今も生活に在り、奈良時代以降は男性が成人を迎える年齢が15歳と…

情熱を失くした時の処方箋『自分の中に毒を持て』

Netflixで『シェフのテーブル フランス編』という番組が配信されている。ミシュランシェフなどの日常を追ったドキュメンタリーだ。これを観ると、シェフはもちろん食材の作り手も世界中のレストランを創造しているのだと気づかされる。カキ一つとっても、フ…

月曜日の憂鬱。

なんだか心が曇りの日ってあるものだ。先日『家にいるのに家に帰りたい。』という記事を書いたばかりだが、今日の自分はそんな感じだ。朝から「月曜 働きたくない」と検索とかしてみたりして(病んでいる)。 wasuresasete.hatenablog.com でも、検索してみ…

大人の宝探し。

西日に当たったグラスが綺麗で、しばし見とれる。 セピアみたいなパープルみたいな、ゆらんとした名前のない色。私の思うノスタルジーとはこんな温度だ。あたたかな光に照らされる道は、過去なのか未来なのか。 昼に撮ったこの写真を眺め、ふと時計を見る。2…

家にいるのに家に帰りたい。

『家にいるのに家に帰りたい』という本のタイトルを見て、笑ってしまった。これ、なんか分かる。朝起きた時から「あぁ、早く帰りたい」と思っていたことあったな。家にいるのに。 paypaymall.yahoo.co.jp この本を実際に読んだ。濡れたままの髪でランドリー…

私だけの空間と、孤独に。

最近、以前借りていたマンションのことをよく思い出す。 仕事から帰り、疲れた体で玄関のドアを開ける。洗濯機と冷蔵庫、キッチンを過ぎて、部屋に入る。白木のフローリングと、好きな本を並べた白い棚。つけていたピアスを外す。クローゼットは開けるたびに…

Filmarksで過去の歴代アカデミー賞を振り返る。

ジョージ・ガーシュウィンの『Summertime』がずっと好きで、最近もよく弾いています。1930年代の黒人街を舞台にしたオペラ『ポーギーとベス』で、男達が賭博を楽しむ傍ら、女が赤ん坊を抱きながら歌った子守歌。アカデミー賞を受賞した映画『グリーンブック…

性格診断の話。

12時間とか働いていた件で、体制などを考えると今後も状況が良くはならないだろうと思い、派遣元の担当者に相談しました。「申し訳ないが、家の事情であまり残業できないので次回の更新の回答を待ってもらえませんか」という感じで。 その後、派遣先の上の方…

自分なんていつも、どこかに行ってしまう。

最近暖かくなってきたので、お風呂上りの冷え対策もそこまでではなくなってきました。昔から、入浴剤は季節問わず何かしら使ってしまう方です。バスソルトなど色々あるけど、ドラッグストアで買えるものだとバスクリン<バスロマン<バブ、という順位が自分…

23時から深まっていく沼。

『俺の家の話』が好きすぎて、TBSオンデマンドまで入って毎日リピート再生しています。キャラが全員好き。脚本も好き。父親と息子二人が同じ女性を好きになるストーリーはドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』のオマージュなのでは、と書かれているコラ…

沢山の「したくない」をジュースで流し込む。

夜9時に飲む冷えた野菜ジュースがすごく美味しく感じる。 仕事したくない。そうだ私、全然仕事したくないし、人とも別に関わりたくない。また働くの怖いと思ってたし、社会と関わりを持ちたいともあまり思わない。オンラインで誰かとずっと繋がってるなんて…

目の前のことを、ひとつずつ。

今週から働き始めて、昨日は初めての在宅勤務。予定としては、 ・始業前に洗濯、夕飯下ごしらえ ・お昼休憩中に夕飯の支度 ・終業前にお風呂を沸かす だったのだけど、実家のWifiの調子がすこぶる悪く、朝から冷や冷や。支給されたiphoneも操作方法がいまい…

北川悦吏子さんのドラマを振り返ってみる。

北川悦吏子さんのドラマが好きで、学生時代はいつも北川さんのドラマと共にありました。『愛していると言ってくれ』『ロングバケーション』『ビューティフルライフ』『オレンジデイズ』『Love Story』などなど。 ロンバケなんてサントラを毎日聴いていたし、…

やっぱり合わなくなってきた友人のこと。

合わなくなってきてしまった、と感じていた友人に誘われ、短時間だけ会って話したんだけど、やっぱりしんどいと再び感じて終わるという悲しい体験をした。 対人関係では、「仕方ない、誰が悪いわけでもないし」ということがたまに起きる。自分が変わったから…

頑張りすぎた時に思い出したいこと

最近、調子がいい時に何かを詰め込み過ぎたり、気づかないうちに頑張り過ぎたりして、ある日電池が切れたように何もかも嫌になって動けなくなる、というサイクルになっている気がします。やることが多かったり、心配や考え事で頭の中が忙しいと、「このペー…