仕事と心のDiary

夜になったら色んなものを脱ぎ捨てよう。

ひとりごと

ほっとする感覚。

携帯を見て人から連絡が来ていない時、本当はもっと寂しいと思った方がいいのかもしれないけど、いつもどこか、ほっとしてしまう自分がいる。 「人と一緒じゃないと寂しい」という人を見ると、純粋に可愛いと感じた。繋がることが好きな人はどこかキラキラし…

他人目線で生きるのを終わりにするために。

自分に向き合うことについて、世の中には「そんなことしても何も変わらない」「意味がないよ」という意見もあったりしますが、その後の行動に少なからず影響していくものなので、個人的にはとても大切なことだと思っています。 自分を知るというのは周りを無…

誘いを本音で断るとすっきりする。

気の乗らない誘いがあって、それを「忙しいから」とか「家の都合で」とか嘘をつかず、「事情で、楽しく飲める気分じゃないから」と言って断ってしまった。 色々言われたけど、一度断ったから、もういいよね。 行きたくないと思いながら相手に会うのが一番失…

幸せについて。

『THE MAPLE LEAF』というカナダのクッキーが本当に好きで、成城石井でセールになっているのを見て迷わず買ってしまった。これとコーヒーを片手に映画を観るのが幸せ。 「贅沢な時間」と聞くとどこか高級な非日常をイメージしてしまいがちだけど、本当は自分…

秋が来た。

秋が一番好きな季節。長袖一枚で過ごせるぐらいの気温と、鈴虫の声、色を落としていく葉が良いなと思う。涼しくなると温かいコーヒーが美味しく感じるし、夕暮れはいくら見ていても飽きない。夏に対する名残惜しさというのを、もうずっと感じていないことに…

HSP向けで好きな本・苦手な本。

HSP向けの書籍や動画が今結構たくさん出ていると思いますが、その著者の方自身がHSPをどうとらえているかによって、内容にかなり差があるんだなと感じます。 HSPというのは確かに生きづらさにつながりやすい気質だと思うし、それを持っていることによって社…

「それはないでしょ」と思った会話(実話)

母「この前〇〇さんとお茶してたら、”この後、キットソンの水を買って帰りたい”って言うから。早めに切り上げて買い物に付き合ったの。」 私「キットソンの水?何それ、聞いたことないよ。何か怪しいんじゃないの」 母「ほら、あるじゃない。あの、炭酸の…お…

楽しんでね。

「一周まわって」という表現があるけど、最近の自分がまさにそういう状況な気がする。色んなことを考え詰めた時期を経て、頭が「もう限界なんですけど…」と言い始め、稼働率を下げ始めたような感覚。 何でも見通したくて、損したくなくて、失敗したくなくて…

休んだ時間が私に教えてくれたこと。

何もしない時間は私に色んなことを教えてくれた、と思う。半年前はひたすら「何もしたくない」時間があり、その後「何もできない」時間が訪れ、それが終わってようやく、自分の意志で「何もしない」時間がやってきた。 中でも、休んだことで仕事との間に距離…

音楽は山登りに似ている。

今日は書くことが思い浮かばない。絞り出して書けることといったら、配信で観ていた『SUITS』で「いい加減、感情ではなく事実と論理性に目を向けろ。それが真の弁護士というものだ」とマイクを突き放すハーヴィーがなんて素敵なの、と思ったこととか、ベッド…

空の色が過去の自分を連れてくる。

家事の中で、洗濯物を取り入れるのが一番好きだ。もっと言えば、洗濯物を取り入れる時に見る夕暮れが好きだ。日を浴びてあたたかくなったタオルやシャツを抱え、建物と建物の間に差し込む美しいオレンジを見る。それは季節や場所によって、薄いブルーとピン…

できること、得意なことをやっていけばいい。苦手なことよりも。

苦手なことを得意な人にやってもらう、というのはすごく必要な考え方だと最近思う。人にはそれぞれに見えない役割みたいなものがあって、自分に合わない場所で何かを必要以上に求め始めた時、不幸が始まるような気がする。 大きなお金を動かすとか、高いノル…

距離が近くなりすぎると、離れるのも難しい友人関係。

一人で過ごす時間が好きだ。一人暮らししていた頃、休日の朝に窓の外が暗く、そのうえ雨が降っていたりすると何となく嬉しかった。「家にいていい」と誰かに許可されたような、一日中部屋で映画やドラマを観る口実を得たような気持ちになった。 今思えば、周…

変化の多い世の中で、決して変わらないもの。

LINEのアカウントで「ステータスメッセージ」というのを入れている友人がいる。私は入れていないが、それを登録すると「友だち」のページでアイコンと一緒にメッセージも表示される。自分を表すつぶやきのようなものだ。 「いつも眠い」とか「食いだおれ」と…

メメント・モリで捉えなおす。与えられた時間の価値。

転職サイト経由で連絡を下さった企業のホームページを見ていたら、「働く環境」というページが用意されていた。なかなか知れない部分なのでありがたいと思いながら開くと、「従業員〇〇名」「有休消化率〇〇%」などの文字に続けて、大きく「21時完全退社」…

『Filmarks』と映画愛。

映画が好きでFilmarksサイトにアカウントを持っているのですが、携帯にアプリのポップアップが上がってきたので見てみると、(ちなみに書くのは若干憚られるのですが、)このような表示がされておりました。 「うん〇漏れ男さんが、あなたをフォローしました…

人間、体を壊すこともあるよ。

「マスクを追加配布する」と報道が出た時、総理の体調に異変が起きているのだろうと思った。元々精神疾患があるとも聞いていたのと、いくら何でもとんちんかんさが度を越していると感じていた。費用を抑えて配布する(というか、予算分をさばかなければいけ…

「Thank You」が手書きじゃなくなった気がする。

先日久しぶりにスタバへ行ったら、オーダーがカップへの直書きではなくシールに変わっていました。半年ぐらい前に頼んだ時は、まだマジックで直に書かれていた気がするんだけど…。 私が昔スタバでアルバイトをしていた頃は、この「Thank You」の部分をサイン…

品性について考えさせられたこと。

スキャンダルがあったのではとネットで騒がれている男性のSNSに、多くのコメントが寄せられているのを見ました。ただ、それは糾弾のようなものではなくて、その男性がファンの人達にとても愛されているんだなというのが伝わってくるものでした。 その中に、…

『半沢直樹』で感じた、何年働いても変えられないこと。

『半沢直樹』を観ていて、半沢直樹のような上司の元で働ける森山は、大変な事も多いけど幸せだなと感じた。 仕事をするなら、その先に待つお客様の利益や、将来の姿をいつも想像すること。それを忘れた時、人は内向きで、独りよがりな仕事をするようになる。…

税金で思い出す、黒革の手帖。

税金の支払いで、12万円弱が一気に飛びました。分かっていたことだけど、やっぱり一気に支払うのはインパクトがありました… というのも、昨年度末まで住んでいた市の方で国保の口座振替を元々申し込んでいたんだけど、それが今の市に移った後で解除になって…

ライフでもライスでも。自分の働きがどこでどう役に立っているかは、意外と分からないものなのかもしれない。

”仕事はほっとできるひととき”―。この感覚は自分にはないものでしたが、世の中には働くことをそんな風に捉えている人もいるんだなと感じて、月並みですがカルチャーショックを受けたような気持ちになりました。 長く、静かに、情熱を踊りにささげて。仕事は…

カズレーザーさんの稀有な魅力を今更分析してみる。

カズレーザーさんに、2ch創設者のひろゆきさんやphaさんと似たとてつもなさを感じることがあります。フレディ・マーキュリーが「Mama, just killed a man」と歌いだした時に何の違和感もなかったような、どんな突飛さも自分のものにしてしまう特異性もある…

たまには言い訳したっていいし、逃げてもいい。King Gnuの『白日』は現実でも。

たまに自分が持っているすべてをリセットしたくなってしまうことがあって、それが今までの環境や人間関係の変化に繋がっていたなと思うんだけど、そんな私にある時、King Gnuがipod(第2世代。古…)越しにこう歌ったのです。 真っ新に生まれ変わって人生一か…

感情を出せる場所を持つこと。

音楽と共に、人の人生を垣間見れる番組があります。 NHKでよくやっている『駅ピアノ・空港ピアノ・街角ピアノ」という番組です。BS1だと深夜によくやっています。 www.nhk.jp 様々な国の駅や空港などにピアノとカメラを設置して、通りすがりの人が演奏するの…

嫌なこと最小限、好きなこと最大限。

お金と時間ってどちらも確かに必要だけど、どちらがより大切かと言われたら、時間かなと感じます。 お金は無くなったらまたどうにかして稼げばいいんだけど、時間はそういうわけにはいかないですもんね。総量が増えることはないのだし。 寝る前のラジオが好…

人と同じじゃなくても、落ち込むことない。

少数派だから自分は普通じゃないんだとか、人と違うから自分は駄目だなんて、いつの間に考えるようになったんだろう。ただ純粋に、違いがそこにあるだけなのに。 「普通がいい」という病 (講談社現代新書) 泉谷閑示先生の書籍を買ったら、店員さんが付けてく…

連絡って、無理してするものじゃないよ。

連絡って、思うように返せなかったりもするものですが、そういう時期があっても別に仕方ないし、それでいいんだろうなと最近感じます。 『繊細さんの本』やHSPで有名な武田友紀さんが、2年間の休職を経て当時どのように変わっていかれたのか、本では少し読ん…

自分の頑張りを、無かったことにしないで。

母が化粧品を買いたいというのでデパートに付き合いました。ファンデーションが欲しいという話だったのですが、店員さんとシールド越しに仲良く話してるなと思っていたら、いつの間にかパウダーやブラシまで買っていて、特典のサマーサンダルまでもらってい…

合わなくなってきた友人のこと。

学生時代からずっと仲のいい友人Rが、合わなくなってきたかなと感じることが増えました。 お互い環境の変化などは特にないのですが、違和感を感じ始めたのはここ2~3年のこと。以前は一緒に旅行に行ったりしていたけど、多分根本が合わないのか、最後の方な…