仕事と心のDiary

夜になったら色んなものを脱ぎ捨てよう。

頑張った先。

眠いのに眠れない。

 

ここ1年ぐらいは色々あって、こんな夜を何回ぐらい過ごしただろうと思う。始めてからもう何年も経つ。意味のあることをしたいと感じるようになった。少しでもいいから、こんな風になりたい、なろうと思えるものが周りにある。頑張った先に、成長した自分が居てほしい。

 

それは昔のようにただ無いものねだりなのではなく、自分なりに精一杯やる中で見えてきたこと。

 

左を向いても、右を向いても愚痴。聞かないようにしても、周りがつまらなそうに迷惑そうに仕事をしているのを見ているのは気持ちが沈む。自分もここに居たら、何年か後にこんな風になるのかなと思ったら、未来なんて無いような気持ちになってくるのだ。耳をふさぎたくなって、もうここから早く居なくなってしまいたいと思う。

 

ここで一緒になって愚痴を言いながら何年も過ごすことは出来てしまうと、以前は思っていた。変わるより、変わらない安心感を選んでいた。

 

それが出来なくなってからの毎日は、苦痛で仕方がない。

 

愚痴を言っていて何になるの?その時間に手を動かせば、定時にだって帰れる。時間を浪費したくない。いつまで健康でいられるかも分からない人生なのに。ここで使い捨ての「作業」にこれ以上時間を使いたくない。そんな風に思うようになってしまっていた。

 

周りの人はそれでも、それなりに頑張っているんだと思う。それを理解することが私には必要なのかもしれない。でも、「ここから居なくなるために今頑張ってる。そのために毎日頑張ってるんでしょ」と言い聞かせることが、今の私の最大の支え。

 

嫌なことを言われても、礼すら言われなくなっても、私は他の人に同じことをしたくない。人間性に年齢は関係ない。弱い人や頑張っている人に優しく、強い人に向かえるようでいたい。失礼な奴に忠誠尽くす必要など皆無だけど、頑張ってくれている人への優しさを絶対に忘れたくない。

 

私にも気づくべきことがまだあるのかもしれないけど、今はそれぐらいしか分からない。