仕事と心のDiary

夜になったら色んなものを脱ぎ捨てよう。

「俺ってこういう人だから。」…だから?

私は、「俺ってこうだから!」「私ってこういう人だから!」と前置きしながら人を傷つけている人が、本当に嫌い。

 

…好きな人なんていないか。笑

 

「俺って変人だからさ。」

 

うん。だから?変人なんじゃなくて、ただやな奴なんでしょ。

 

自分の素の性格って、何も考えずにただ出せばいいというものではないと思います。たまにそれを個人主義とはき違えている人がいるけど、人を傷つけてでも自分の本心さらけ出して自由に振る舞うのは、開放的なのではなくて、ただの子供ということ。

 

ある程度理解しておきながら、傷つく事を相手に言って「俺、ストレートにしか言えないからさ。」っていうのは、もう何か、全然違うなと思うんですね。

 

ストレートにしか言えないんじゃない。そういう風にしか「言わない」だけ。言う思いやりを持とうとしていないでしょ?周りに甘えている、心が成長していないだけよ。

 

人といて、気持ちが温かくなる瞬間が好き。

 

落ち込んでいて、席を外した後戻ったらさりげなく机にお菓子が置かれていて涙が出そうになった、とか、今度は自分がお返ししよう、とか。ちょっとした作業を「私がやるよ」「いや自分がやるから」って声掛け合ったり、昔はそういう優しいことが沢山あった。人に支えられてたんだなと思います。

 

自分のことはまず置いておいて隣の人を立てたり、っていう先輩達に育ててもらった時期があって、自分もそういう存在を自然と目指していた時があった。仕事というよりは人として学ぶことが沢山あって、人と関わることってこんなに温かいのだと教えてもらった。沢山泣いたけど、その分沢山呑んで笑っていた。

 

傷つくのが怖くなると、人って閉じるものなんだなと思います。私も自然と、自分から周りにそういう温かいことを伝染できなくなってしまっていたのかもしれない。私がそうだから、周りがそうなったのかもしれない。もう、分からないけど。

 

「私、悪くないよね?あんたがやりなさいよ/あいつが悪い」って、色んなことが野放しになっていて、そんな風に責任放棄することが「信頼関係があるからこそ何でも言えるんだ」ということなのだとしたら、やり直しさせてっていう感じ。

 

「あなたはこういう所があるね。ここは直した方がいいね。」「うん、そうだよね、そうなんだよねー。それは分かってるんだけど。」

 

その、「分かってるんだけど。」から先が、その人自身なんだと思うんです。

 

分かってるんだけど、じゃあどうする?そのままそこに留まるの?チャレンジしてみるの?って。自分にそう問いながら、何歳になっても挑戦している人が世の中にはいる。

 

この人はどうして…という対人関係の悩みは、どこにでもある。だけどそれを、例えば「どうやったら前進できるだろうか」っていう次元に少しでも変えて行けたら、どれだけ良いだろうと思う。それを伝え続けたい。みんなで成長出来ればいいけど。