仕事と心のDiary

夜になったら色んなものを脱ぎ捨てよう。

1日の終わりに、ただの自分に戻るということ。

書くことは、人間に与えられたデトックス手段のひとつだと思う。私はいつも、書くことで救われてきたような気がする。別に文章を書くのがうまいとも、言葉を知っているとも思わない。むしろ自信がない。だけどただただ、書くことが好きだ。

 

仕事や、家事。育児かもしれないし、介護かもしれない。多くの人が、そうしたものに自分の時間をある程度拘束されている。たとえば1日の仕事が終わり、帰りの電車に揺られる中で、今日はあれがうまくいってよかったけど、あの人から言われたあんな一言がかなりショックだった…とか、今日は晩御飯作るのが面倒だなーとか、明日の仕事のことをすでに考え始めて憂鬱になったりとか、そういうのは誰にでもある。

 

朝から忙しく過ごしている。自分自身であることを忘れるのなんて、意外と簡単だ。だからせめて夜ぐらいは、ただの「自分」に戻り、純粋に好きなことをしたい。こうやって文章を書くのでも、お風呂上りに缶ビール一杯飲むのでも、思いっきり甘い香りのハンドクリームに癒されるのでもいい。そうやって自分の好きな夜を過ごしながら、自分がただの女だったことを、毎日でも思い出せたらいい。

 

そんなことを最近思います。