仕事と心のDiary

夜になったら色んなものを脱ぎ捨てよう。

自分の顔を見るのも嫌。

このままでいいのかな、って最近よく思います。

 

夜9時過ぎまで働いて、肌とか全部げっそりで、ストレスで食べてしまう。最近自分の顔を見るのも嫌。

 

結婚して子供を産んでというライフスタイルを選ぶことで、生活をがらっと変えることもできる。そうでなくても、こんなにキャリアにしがみつかなくたって生きる道もあるはずなのに、頑張ることになんの意味があるんだろうって。

 

元の部署で働き続ける選択肢はなかったから異動は必然だったけど、賢く生きるには良い選択肢でも、自分が本当に望んでいるものではないとよく分かるようになってしまった。

 

時間を何に使うかというのは、お金を何に使うかよりももしかしたら大事なことかもしれません。人は確実に歳を取っていく。今年をこのことに費やしたのは本当に自分にとって良いことだったのか?と、30歳を越えてからよく考えるようになりました。

 

一年一年を無駄にできない感覚が、自分の中ですごく強くなってしまっている気がします。子供産むなら、転職するなら、留学するなら…って、何にでもリミットつけて考えてしまう。人から言われたことを気にしてしまうのも、きっとそれが図星だから。

 

器用に生きられないというか、遠回りしてわざわざきつい道を今までも選んできて、これからもそういうものをわざわざ選んでいくのか?という不安と、楽しくないからこんな人生ならそこまで長くなくていい、とすら思ってしまう。

 

自分でそうしてるくせに、馬鹿みたい。

 

これが孤独っていうことなんだなと思う。家族がいる人達だって、もちろん大変なこと、煩わしいことは多いと思うんです。でも、一緒に生きる人がいるってとても素敵なことだし、羨ましいと思う。

 

自分みたいなのは、一緒に生きる人を若いうちに早く見つけないといけなかったタイプなのかもしれないと思います。男性と肩並べてタフに働ける体力や精神力があるわけでもなく、むしろいつも人間関係で悩んでは泣いてを繰り返してる。神経質な自分の性格に付き合うのが疲れてしまいます。

 

生きるために食べる、生きるために働くとなってしまった瞬間、人生がとてつもなく重苦しく感じる。自分一人のために、夜遅くまで仕事をして。何になるんだろう。最近何をしてもお腹がすくし、グーグーなる自分のお腹が時々、腹立たしくて仕方がなくなります。

 

自分が何者にもなれないし、何者でもないってことを認めるのはすごく辛い。

 

仕事行きたくない。