仕事と心のDiary

夜になったら色んなものを脱ぎ捨てよう。

素養がない奴は夢なんか見るな、と自分に言い聞かせる

何か勉強したいとかこの仕事がしたいとか、むやみに言わない方が絶対に絶対に、絶対にいいと最近感じる。

 

言ったら最後、こいつはやる気のある奴だと思われて仕事が大量に降ってきます。苦笑

 

で、さばけなくて結局長時間職場に拘束されて、食事する時間も掃除する気力もなくして結果泣くんですね。狭い世界に閉じこめられて、というか…

 

やる気なんて、見せた奴が負けなんだな…。ちょっとでも新しいことやろうとか、そんな余計なことを思わない、無欲な人が最終的には得をすると思ってしまう。

 

欲なんて持たない方がいい。欲もこだわりも強いと、どうしても違うことをやってみたくなったり、希望を持ったり夢を持ったり、このままじゃいけない気がするとか思ったりするけど、そんなの捨てた方がラクに生きられます。

 

そういうのが捨てられたらいいと思う。キャパもないしそういう強い精神力もないのに、高みを目指さないと気が済まない性質っていうのは人生本当に辛いものになります。

 

なぜ、日々ご飯が食べられて、掃除する時間があって、スキンケアする時間や寝る時間がちゃんと取れる平凡だけど余裕のある生活の幸せで満足できないんだろう。

 

疲れ果てて自分が今何やってんのかも分からなくなって、年だけ取って、悲しい奴…。

 

結局、そこまで頑張りたいと思えるほどのものじゃないんでしょうね。それほどの素養がないんだから平凡な幸せで我慢しとけって話なのに、身の程を知らないんでしょうね。

 

素養がないんだから最初から夢なんか見るなって話。