仕事と心のDiary

夜になったら色んなものを脱ぎ捨てよう。

立つ鳥の足をいつまでも引っ張らないこと

あーーーもう限界。Twitterみたいになってしまったこのブログ…

 

また理不尽なこと平気でやるんだから、私に伝えさせないで自分で伝えて調整してよ!!っていうモヤモヤ

 

この前同じやり取りしましたよね?もう知らないよって感じよ、正直。

 

うん。ずっとこれから先もその仕事をやる人が伝えた方が絶対にいいって。あなた方のルールはあなた方で教えた方がいいって!

 

私はもう居なくなる立場だから、「こうやってあげなきゃ」とかいう気持ちは持てないので。(それをしても、したらしたで通じないし)

 

どこまで人の良心とかやる気につけ込むんだろうこの人達、っていう不信感。

 

退職者だから搾れる所まで搾り取ろうとしているのが伝わってくるんだけど、人件費分は既に働いていますので…

 

それにもう、ちゃんと後任の人も入ってきてくれて、私が伝えられることは全て伝えた。後任は経験者でしっかりしている人だし、言うこと無いでしょ?これ以上、私に何をしろって言うの?もっと責任感じろ、と言いたいのでしょうか。

 

後任が既にいる今、部内が回っていないわけでもなく、必要な件の引継ぎも完了し、他に私が責められる理由ってもう既に消滅している気がしてならないのですが。

 

品性というものについて、日々教わっていますね。立つ鳥後を濁さず、というより、立つ鳥の足をいつまでも引っ張らないでください。