仕事と心のDiary

夜になったら色んなものを脱ぎ捨てよう。

韓国バラエティ『花よりおじいさん』にドはまりのGW

韓国バラエティの『花よりおじいさん』を観て、ここ数日癒されています。もともと韓国ドラマにすら興味があまりなかったので、こんなにハマると思っていなかったんです。人生とは何が起きるか分かりませんね。ありがとう、プロデューサー。

 

video.unext.jp

 

韓国で大御所と言われるおじいさん俳優4名を、韓国では主役級の俳優イ・ソジンさんがお世話しながら海外旅行をするという番組。この番組のプロデューサーをしているナ・ヨンソクさん(以下・ナP)という方は韓国ではヒット製造機と言われているそうで、

 

もうこれが超・超、超面白いです。

 

韓国のバラエティって、「本当にそんなことまでやるの!?」っていう無茶を普通に実現してくれるんですよね。

 

この『花よりおじいさん』では、出演するイ・ソジンさんは「アイドルと旅行する番組だよ」とスタッフから聞かされていて、空港に着いてからまさかのおじいさん達のお世話をさせられる旅だと知る、というドッキリが仕掛けられています。

 

お笑い芸人ならまだしも、主役級の俳優を空港でドッキリで騙してそのまま10泊の海外旅行に付き添わせるなんて、日本ではありえない設定だと思いませんか?

 

元々は『ユン食堂』という、大御所女優やイ・ソジンさんが海外で食堂を開くというバラエティを観始めたのですが、それがバラエティにハマったきっかけです。(冬ソナをきっかけにあらゆるドラマに手を出し始めるのとまったく同じ流れw)

 

なんか、和食はやっぱりまろやかだけど、韓国はバラエティもキムチ並みの刺激なんだなとか思ってしまうんですね。

 

面白いのは、ここに出演する俳優陣は韓国では誰もが名の知れた実力派の俳優さんたちで、旅番組は毎回リッツに泊まりますと言ってもおかしくないほどの顔ぶれなのに、

 

なんと番組自体が低予算(一人につき、宿泊費・食事代などすべて含め1日1万円も予算がないw)で、バックパックで海外を回らされるという無茶ぶり。

 

イ・ソジンさんはナPと年齢も近くて、多分普段から仲良しなんですね。おじいさん達は基本的にお金のことに無頓着なので、ソジンさんがおじいさん達の分までお財布管理するしかなく、

 

必死で毎日やりくりして宿を予約したり食事を準備しているにも関わらず、ナP達スタッフは容赦なく、演者たちが使ったお金で立て替えた分があると1円単位で細かく奪い取っていきます。

 

時にはスタッフの飲食代をソジンさんが立て替えてあげることもあるんだけど、そういう時はスタッフ側がしれっとお金を返していなかったりして、

 

おじいさん達が観光をゆったり楽しむ傍ら、ソジンさんとナPの熾烈な金の奪い合いが地味に何度も勃発します。

 

韓国人って多分、執念深いんですね。そこが面白いんです。ズルしてお金を奪われたり馬鹿にされたことは絶対に復讐するまで忘れないという執念深さ。

 

この番組は、

 

シーズン1:フランス・スイス・台湾編

シーズン2:スペイン・ポルトガル

シーズン3:ギリシャ

 

とあって、これが今U-NEXT(月額会員はポイントなし)で視聴できます。

 

おじいさんの旅番組って、日本でも結構何気に人気ありますよね。徳光さんのバス旅とか、吉田類さんの酒場放浪記とか。この番組はどちらかというと徳光さんのバス旅に近くて、

 

徳光さんが4人になった感じですね。おじいさんによって性格も違って、シーズン1では「もう歩けない」とキレまくっていた割と自己中なおじいさんが、シーズン3では温厚に成長していたり、

 

逆にシーズン1ではまだ元気はつらつだった博識なおじいさんが、シーズンを重ねるごとに少しずつ老いていったりして、

 

それでも相手を思いやって助け合いながら(時に車中で爆睡しながら)旅を続ける姿には不思議と涙が出てきます。

 

「自分たちがもっと若い頃に旅をしていたら、色んなことが変わっていただろう」「若い頃はどんどん失敗しなさい」というようなインタビューも時々出てくるのですが、

 

やっぱり平均年齢70歳を超えるおじいさん達の言葉には重みがあるし、おじいさん達に比べたら30代なんてまだ若くて色んな場所に行ける。そんなことを思うのです。

 

おじいさん達がちょいちょいお菓子を食べていたり、耳が聞こえていなかったり、写真撮ってご機嫌だったりするのが、(大御所なのに)本当にカワイイんです。

 

そして、ソジンさんの礼儀正しさにも見習うものがたくさんあります。誰だって大御所と旅行なんて面倒だし、進んでやりたいわけじゃない。ましてや彼は空港でドッキリ仕掛けられた挙句におじいさん達と旅をすることになるので、

 

ブチ切れても誰も怒らない状況なのに、そこからの自制心が素晴らしいんですよ。おじいさん達の前ではいつも笑みを絶やさないし、ジェントルマンなのがとっても素敵。

 

彼は英語が堪能だし国際免許も持っていて基本的になんでもできるんだけど、なんか肝心なところでミスしたりして、毎回惜しいところも愛らしいんですね。ストレスが甚大なので、陰でスタッフたちに夜な夜な小言を披露する所も愛されキャラなんだなと思います。

 

ソジンさんとナPの小競り合いなんて、おじいさん達からしたら子供のじゃれあい程度にしか映っていないんですね。特に気にすることもなく、ソジンさんやスタッフから与えられるがまま、されるがままに転がされ、観光させられていきます。

 

クソ狭い宿で雑魚寝とか、ザワークラフトみたいなのが入ったすえた匂いのチゲで宴会とか、無茶なことにも温かく対応してくれるおじいさん達には本当に癒されます。(たまに小さなことで仲違いしている姿も癒しでしかありません)

 

おじいさんがポロっとこぼす本音って、なんであんなに面白いんだろう。なんか純粋というか、素直で、思った通りのことをシンプルに言うから面白いのかな。

 

2018年に『花よりおじいさん リターンズ』というのが韓国では放映されたらしいんだけど、今多分Mnetに入るしか観る方法がなさそうで、どうしようか迷っています。

 

こういう時だから、海外の色んな景色や生活が観られる番組には癒されます。