仕事と心のDiary

夜になったら色んなものを脱ぎ捨てよう。

自分の敵はいつも自分だ。

今日は、いつか来るオンライン面談などに備えて、部屋を整理。デスクと椅子の算段をしただけで気持ちが少しだけすっきりした。

 

それにしても、月曜の憂鬱って、働いていてもいなくても、心のどこかにあるものなんだな。

 

求人も見てはいるんだけど、働くことが、いまだに怖い。今の情勢はよくわかっているつもりだし、そろそろとは思うんだけど、なかなか気持ちがついていかない。

 

とにかく、書類を揃えたり、面談に備えたり、まずは目の前のことから一つずつだなって思う。

 

*****

この記事でも触れたことがあったのですが、

 

wasuresasete.hatenablog.com

 

色んな業界の方が20分間でスピーチをしている『KUDEN』という動画があって、気になることをノートに取ったりしながら、たまに見ています。

 

どの動画も20分程度で、堅苦しい話は特になく、分かりやすいシンプルな言葉で語られているものが多い気がします。

 

その中で、仕事はあまり関係ないんだけど最近印象に残ったのが、西川史子さんのお話です。

 

youtu.be

  

「人からこう見られたい」と虚勢を張って生きてきていたのが、離婚などをきっかけに心身のバランスを失い、自分に合った生き方を選択していくまでのことを話されています。

 

感じるものがあって、もう10回近くは聴いていると思います。こんなにリピート再生することになるとは。

  

「生い立ちを含め、自分はとても恵まれていた」と西川先生自身仰っているように、この動画で「恵まれた人が少し痛い目を見ただけ」と感じる人もいると思うのですが、

 

私はそうは思わなくて、むしろ多くのものを手にして生きてきた人が、そこで身につけたプライドを捨てるというのはどれだけ苦しいことだったか、想像してしまいました。

 

西川先生って、「あなたは医者になる」と親に決められたレールではあったものの、受験をすれば一発合格、ミスコンに出ればチヤホヤされてTVに進出と、若い頃は特に周りの羨望の的だったと思います。

 

そんな風に自分の価値を信じて疑わずに生きてきた彼女が、たった一人、愛する旦那さんとの小さな喧嘩につまづき、ほころびを広げていきます。

 

承認欲求の中で生きると、やっぱり人から褒められたり羨ましがられたりすることが何よりの幸せになりがちだし、「こうすれば周りから認められる」というコツもだいぶ自分の中に蓄積され、その中でプライドも育っていくと思います。

 

圧倒的な自信(過信…?)を持っていると、それが通用しない状況や失敗に直面した時、受け入れることがより難しくなるというか。

 

なんならそれまで自分が正だと信じてきたことを全部崩すことにすらなるのが「変化する」ってことで、そこには勇気が必要です。

 

周りにどう思われるかを気にしない勇気。自分の選択に責任をもつ勇気。

 

周りからの評価を生きがいにしてきた人が、それを捨てるって本当に苦しいことだと思う。

 

「恵まれすぎている」とか「失敗をしたことがない」というのは、ある意味怖いことなのかもしれません。

 

挫折って誰の元にも訪れるけど、人から称賛されて生きてきた人ほど、挫折を受け入れるハードルが上がるのだろうと感じました。

 

西川先生が「人からこう見られたいとか、こうあるべきと考えることはくだらないな」「シンプルに、自分の一日を丁寧に過ごそう」という答えに行きつくまで、20分では語りつくせないような葛藤があったんだろうと思います。

 

誰にとっても、自分の敵はいつも自分なんだなというのが伝わってきました。