仕事と心のDiary

デトックスのための文章

幸せになるのが、怖いんじゃないの。

休み明けの仕事は緊張します。なんだか色んなことに対して心がむき出しになっている気がして、気を抜くと不意にかけられた言葉に傷ついたような気持ちになったり。周りは優しいはずなのに、発言することにも、行動することにも、怖さを感じることがあります。肩の力を抜いたらいいのに。

 

信用するということが、出来ていないのかなと感じます。それは経験がそうさせているのかもしれないし、もしかしたら私が、私を信用できていないのかも。

 

もう違う場所にいるんだけど、やっぱり常に身構えているなと感じるんです。安心して言葉にする。安心して訊く。安心して作業する。そういう安心感を持ったことが、今まであまり無かった気がします。気づかないうちに、厚い仕切りを作っていたのかもしれません。気を許せる人と、私にとっての「外の人」を分けるための。そうやって自分を守ってきたんだと思う。

 

なかなか殻を外せない、これは弱さだと思う。心にぽっかり穴が開いた時は、体は疲れているのに、なぜか書きたくなる。何かを形にしたい。伝えたい。そう思うのはいつも、満たされていない時だった。満たされてしまったらどうなるんだろう、という怖さも、ある時から感じるようになった。

 

昔、好きになってはいけない人を好きになったことがあった。友人は私に、「幸せになるのが怖いんじゃないの」と言った。「幸せになっていいんだよ」と。幸せになっていい。もっと自分をちゃんと見て。幸せは避けるものじゃない。本当にそうだ、と思う。喜んだ瞬間に消えてしまうものばかりではないのに。

 

心から安心して幸せになったらその先に何があるんだろうと思う気持ちは、まだ暗いトンネルの中を走る車に似ているかもしれない。その中に自分を置いてきてしまった。別に安心しても、大丈夫。