仕事と心のDiary

デトックスのための文章

考えすぎリモートワーク。

在宅で仕事していると、仕事・プライベートでそれぞれPCと携帯が1つずつ。他にTVのモニターやコードも色々繋いだりして、気づくと元々広くない部屋が配線とモニターだらけになっていたりする。

 

なんだか本当に、人に会う機会が減ったと思う。別にそれが苦というわけではないけど、誰かと久々に連絡を取り合い「会おうよ」となっても、3人以上だと「オンラインにしとこうか」という話になるし、その中にオンラインが苦手な人がいたりすると、「会える時まで待とうか」ということになる。

 

仕事ではコミュニケーション用のアプリを使って人と連絡を取り合っているけど、オンラインでのやりとりは顔が見えない分、相手がどう感じているかを考えすぎてしまう。チャットのように使う場合はスピードも大事だし、絵文字も色々あったりで、気づかないうちにとても疲れている。

 

仕事の間だけ男性的になれば、乗り切れる気はする。目的に集中して感情を閉じてしまえたら一番いいんだろうけど、やっぱり人のことは気になってしまう。必要なことを伝える時ですらそうなのだから、自分が情けなくて嫌になる。

 

多分もう世の中は変わって、仕事もプライベートも境目がなくなっていくのだろうと思うけど、仕事は仕事、それ以外はそれ以外と分けられる方が合っている自分にとって、ランチや雑談でプライベートを共有しなくても済むのは気が楽に感じる。少し距離感があるぐらいの方が、心地がいい。

 

今、リモートワークが増える中でとても売れていると聞いて、最近こんな本に手を出してしまいました。

honto.jp

 

精神科医の方の本で、相手の顔が見られないこと、不慣れな在宅ワークなどで人が考えがちなことについて色々書かれていて。こういう時だし、あまり無理せず60%ぐらいでやっていったらいいんだなと感じた。