仕事と心のDiary

夜になったら色んなものを脱ぎ捨てよう。

優しい音色を聴くと思い出すあの頃のこと。

疲れた日は、行きつけの大好きなお店でから~いユッケジャン麺(ニンニクとお酢、ポッサムたっぷり)を食べて精をつけるのが日課。だけどお腹がすいてるのにそれすらも面倒な時、自分は本当に疲れているんだな、と気づく。

 

そんな、本当にまじでお疲れ営業終了モードに陥った時は、お風呂にぬるめのお湯をためて白いにごり湯の入浴剤を入れ、『聞くだけで自律神経が整うCD』を、ほんの微かに、だけど確実にゆったりできる音量で流しながら、お湯にゆったり浸かります。

 

 

今気づいたけどこれ、「聴く」じゃなくて「聞く」なのね。私にとっては「聴く」のニュアンスなんだけどな。

 

この音色を耳にすると、小さい頃によく通った地元の小さな病院の待合室を思い出す。オルゴールのような優しいメロディを聴いていると、風邪を引いてよかったかも、とよく思ったものです。子供だった頃の、ほんのりと、でも確実に私の中に根づいている宝物みたいな思い出。

 

風邪を引いた時は、布団の中で安室奈美恵さんの『愛してマスカット』を聴きながら、『ママレードボーイ』を読むのが、子供の頃の私の大好きな過ごし方だった。家に居られるから、風邪を引くのは好きだった。

 

愛してマスカット

愛してマスカット

  • SUPER MONKEY'S 4
  • J-Pop
  • ¥255

 

友達の家に行ったり外で遊んだりするのも好きだったけど、やっぱり一番好きなのは、発売日に本屋に行って買った『りぼん』を家のベッドでお菓子片手に読みふける時間だった。あれが自分の本質だったと思う。

 

本質って、大人になってもあまり変わらないものなのかもしれない。